2020-07-4

森林ボランティア保険について

 ボランティア活動中における事故等に対処するため,各種保険制度が設けられていますが,
森林ボランティア活動を明確にしているものは多くありません。

現在把握しているものとしては,
     「特定非営利活動法人 日本森林ボランティア協会」に加入するものと
     「特定非営利活動法人 森づくりフォーラム」   に加入するもの があります。


 ボランティア活動保険(チェンソーを使用しない活動)
                   
   賠償責任条項(活動中に他人にけがをさせた 活動中に他人のものを壊した場合など)
      1事故 1億円限度(自己負担額・なし)
  
   傷害条項(活動中に自分がケガをした場合 など)
      死亡・後遺障害保険金額    500万円
      入院保険日額          5,000円
      通院保険日額          3,000円

   1名あたり年間保険料          290円

加入している保険の概要(令和元年7月改定)
 ボランティア活動における危険負担は,自己管理・自己責任を原則としますが,万が一の時に,お互いに困らないよう,湯ノ見岳愛育会では,「日本森林ボランティア協会」の森林ボランティア保険に加入しています。


 国内旅行傷害保険(チェンソーを使用する活動)
 
      死亡・後遺障害保険金額    500万円
      入院保険日額          5,000円
      通院保険日額          3,000円

   保険料    1人あたり    (日帰り・1泊2日まで) 310円
                       (3泊4日まで) 374円
                      (6泊7日まで) 438円
                      
  


 加入形態 「日本森林ボランティア協会」に団体登録し、包括加入

 団体登録 2001年(平成13年)6月登録

 引受保険会社 2019年度から 三井住友海上保険株式会社

 取扱代理店   株式会社 甲南保険センター
  


 保険の概要
 
 @引受保険会社
   三井住友海上保険株式会社
 Aボランティア保険内訳
   ボランティア活動保険・・・・チェンソーを使用しない活動
   国内旅行傷害保険・・・・・・チェンソーを使用する活動
 B死亡補償額
   500万円